ナチュラルメイクに見せるコツ

自然なメイクアップをナチュラルというわけですが、手抜きのようなメイクアップをナチュラルと勘違いしている人もいますね。

メイクアップはきちんとしているのに、メイクをしていないように感じさせるのは難しいものです。

けれども、それがナチュラルメイク。

では、どうすればナチュラルに仕上がるのでしょうか。

まず、肌がきれいに見えるために、自分に合ったファンデーションの色を選ぶことと、丁寧に肌色を作ることです。

あとは、ポイントメイク(目、唇)に、あまりたくさんの色を使わないこと。

肌色は、本来の肌色に近い色調を選ぶのが基本です。

さらに、ポイントメイクの色調も肌色ベースの色を選んだり、肌色をブレンドして色を作ったりするといいでしょう。

実際にはどんな色がいいのかというと、頬紅には「ピンクベージュ」「オレンジベージュ」のような色。

アイシャドウには、「サンドベージュ」やテラコッタのような色調。

自然な目元の作り方は、大きめのブラシで、全体に明るいハイライトカラー(白っぽい色など)をひと刷けつけます。

それから、アイホールにミディアムブラウンを軽く。

まつげの根元に、ダークブラウンをアイラインを描くようにぼかしながら入れます。

まぶたがくすんでいる人は、ハイライトカラーの前に、淡く薄いベージュを使うと、まぶたが明るくなります。

口紅はあえてリップラインをくっきり描かずに、ぼかし気味に。

または淡いベージュ系でラインを描きます。

そして、内側にリップをたっぷりとのせ、もとの唇の色をカバーします。

その後、ティッシュで軽く押さえてから、唇の中央にグロスをのせます。

こうすると全体的にページュカラーでまとまって、ナチュラルメイクになります。

ファンデーション前の「化粧下地」は大事

ファンデーションをきれいにつけるためには、化粧下地は必要です。

若いうちは乳液をつけるだけで、充分ファンデーションがきれいにのりますよね。

けれども、年齢とともに肌のキメが乱れ表皮も薄くなってくると、うまくファンデーションがのらずにすべってしまう、つまりピタッと肌になじまなくなってきます。

無理にファンデーションをのせようとすると、厚塗りになったりムラができたりします。

そんなとき、ファンデーションがすべらずにフィットするよう、引っかかりを作ってくれるのが化粧下地です。

ファンデーションは肌色をきれいに見せて欠点をカバーする目的で使用されますが、下地はメイクののりや持ちをよくしてくれるものです。

化粧下地は、目的別に選んで使ったほうがいいでしょう。

ファンデーションのタイプによっては専用のものを使うことがあります。

また、肌の色調を補正するために、赤味を消すグリーン、黄味が濃い入用のパープル、顔色の悪い人はピンク色のコントロールカラー兼用のものがあります。

あとは、フォーカスパウダーを使用して毛穴を目立たなくするもの、シルクパウダーやパールで自然なつやを出してくれるものなどもあります

上手に下地を使って、均一にファンデーションがのれば、厚塗りにもならずにベースメイクができます。