スキンケアに大人気のコラーゲンとヒアルロン酸ですが、
みなさんはその成分の本来の働きをご存知でしょうか?コラーゲンやヒアルロン酸の配合された化粧品であれば、
どれも「肌の内側からふっくらする!」とお思いではありませんでしょうか?
ルフィーナにも有効成分がたくさん入っていますが、配合されている有効成分自体、本来どのような働きをするのか?
それをまず理解したうえで製品の知識を得ることが重要だと思います。
今回は、主にヒアルロン酸とコラーゲンの働きについてまとめてみましたので、それをもとにルフィーナは効果があるのか!?を考えてみたいと思います。
 

残念な勘違い!ヒアルロン酸の本当の役割とは?

肌の弾力やハリを保つために、重要になってくる成分が、「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」です。
肌のコラーゲンがたくさんある部位にヒアルロン酸もたくさん存在しています
そのためか、コラーゲンだけでなくヒアルロン酸も肌の表面から補充できるかのごとくスキンケアの化粧品に配合されています。
肌のヒアルロン酸は、専門用語でいうと、NーアセチルグルコサミンとDーグルクロン酸が結合した糖類の一種で、
コラーゲンよりも大きな分子量になっています。
コラーゲンが東京ドームならば、ヒアルロン酸はそれよりも大きな器とイメージしてください。
そんなヒアル口ン酸は、たくさんの水分をため込み、細胞と細胞の間でクッションのような役割も果たしています。
だから、肌にヒアル口ン酸がたくさんあるとみずみずしく弾力やハリも維持されるのです。
また、肌だけでなく目の硝子体や関節、脳などヒアルロン酸は全身にあり、
特に関節では動きをスムーズにするためのクッションの役目も担っています。
1987年には、関節炎の医薬品としてヒアルロン酸が承認されました。関節炎ではヒアルロン酸の注射による治療が行われています。
皮膚科の領域でも、肌にヒアルロン酸を注射することで、ケロイドなどの治療を行っています。
硬く萎縮してしまった皮膚に、ヒアルロン酸を注入して水分を保持させて、細胞が再生しやすいように促すためです。
であれば、「治療でも使われているヒアル口ン酸だから、やっぱり、塗れば効果があるに違いない」と思われた方もいるでしょう。
しかし、注射のような効果が、化粧品で得られることは残念ながらありません。

では化粧品に配合されてるヒアルロン酸は意味あるの?

ヒアルロン酸は肌にあるといいましたが、肌の弾力やハリの決め手となっているのはヒアル口ン酸ではなくコラーゲンです。
ヒアルロン酸はそれをサポートしているにすぎません。
ただ、スポーツの試合で、サポーターが多ければ選手も元気が出るように、ヒアルロン酸がきちんと保持されていれば、コラーゲンも守られやすい。
そのため、直接ヒアルロン酸の注射をし、その周りの細胞を保護して活性化させるために治療されています。
しかし、化粧品ではヒアル口ン酸が肌の奥にまで届くかどうかは、はなはだ疑わしいのです。
ヒアルロン酸は、コラーゲンよりも大きいといいました。もうおわかりでしょう。
肌の表面から奥まで浸透できる大きさが、ゴルフボール大とすれば、コラーゲンは東京ドームほどの大きさ、
そして、ヒアルロン酸はさらに東京ドームよりも大きいのです。
肌の奥までは浸透しません。針の穴に風船を押し込んで通すほど難しい。
無理矢理に肌の表面からヒアルロン酸を押し込むために、ゴシゴシこすりつけると、その摩擦で逆に肌にダメージを与えかねません。
なのでヒアルロン酸をそのまま肌の表面から肌の奥に届けることはできないのです。

では、塗ってダメならば食べるという方法も考えられますね。
ヒアルロン酸を配合したサプリメントなどはたくさんあります。しかし、東京ドームよりも大きなサイズのヒアルロン酸です。
食べて腸の中で吸収されるには、大きすぎるために分解されてしまいます。
そのままの状態で、肌まで届くことも、置き換わることもできないのです。
加えて、分解されたヒアルロン酸が材料として肌に届いても、そのままではヒアルロン酸としての役目を果たすことはできません。
届いた材料を使って肌の細胞がヒアルロン酸を作り直さなければならないからです。
元気な肌の細胞は、新たに届いた材料を喜んで使ってくれるかもしれませんが、老化で疲れ切った細胞は日常の業務で手一杯です。
新たな材料を貰ったからといって、ヒアルロン酸をいつも以上に大量生産する能力はない。
肌の状態は変化なし。こんな状況が考えられるのです。
このようにお話をすると、ヒアルロン酸は塗っても、食べても役に立たないような気がしてきますね。

ですが実は化粧品に配合されているヒアルロン酸は今回説明したこととはまったく別の働きのために配合されています。
では化粧品に配合されてるものは実際にどのような働きがあるか?次のページで見てみましょう。

化粧品に入ってるヒアルロン酸やコラーゲンにはこんな目的が!

食べても塗っても細胞には届かず役に立たないように感じるヒアルロン酸ですが、
ひとつだけスキンケアで役立つことがあります。
それは、水分を取り込む能力があって分子が大きいだけに、肌に塗ると保湿効果に期待できるということです。
サプリメントを飲むことは疑問ですが、肌の表面に塗れば、肌を守ることにつながります。それは、コラーゲンも同じです。
肌の奥に届くようにと願うよりも、ヒアル口ン酸の性質を活用して肌の表面の保湿に役立てる。
そのためにヒアルロン酸配合の化粧品を選ぶといいと思います。
また、治療として直接的なヒアルロン酸の肌への補充を考えるならば、医療機関に相談してみてください。

総評!ルフィーナの保湿力と効果は!?使うべき?

今までの記事の内容だとルフィーナには保湿力はあっても効果は?と疑問に思われている方もおられるのではないでしょうか?
では、実際に配合されてる成分を見ながら考えてみましょう!

ルフィーナにはヒアルロン酸よりも高い保湿力のある「シロキクラゲ」が配合されている!
「シロキクラゲ」は三大美女の楊貴妃も美容のために食べていたといわれており、ヒアルロン酸をはるかにしのぐ保湿力を持っています。

ルフィーナにはハリと潤いを保つ低分子コラーゲンが配合されている!
従来のコラーゲンよりも格段に分子の大きさを小さくした低分子コラーゲンだからこそ、お肌の角質までしっかり浸透することができて、乾燥した肌にふっくらとしたハリを与えます!

このことから、ルフィーナはヒアルロン酸配合の他社製品よりも保湿力に期待できますし、
本来なら肌にいきわたらないコラーゲンも、ルフィーナなら期待できそうなので、保湿とニキビ対策には非常におススメです♪