化粧を落とすために使用するクレンジング…。
最近では美容成分配合なんてものも多いですが、はたしてそれは肌にとって良いのか??
今回はクレンジングに配合されている界面活性剤について詳しく紹介していきます。
 

皮膚の大事な役割とは?

皮膚の大切な仕事は、外側から異物や化学物質が入ってこないようにすること。
また、体内の水分の蒸発を防ぎ、皮膚の潤いを保つことです。
そのため皮膚、特に角質層は非常に強固なバリア機能を持っています。
なぜこんなに強固な構造をしているのでしょうか?
それは外側からの異物や化学物質などを侵入させないためです。
油性で分子量がもともと小さい物質は皮膚に入り込むことができます。
皮膚科で処方される軟骨やシール状で皮膚に貼る薬はそういったものが使われています。
しかし多くの女性は、分子量が大きい、または水溶性の成分がお肌に入り込むように一生懸命スキンケアしています。
本来、外界からの異物や化学物質を侵入させない構造をしている皮膚に化粧品は入り込めないはずです。
しかし皮膚本来の強固なバリア機能を破る方法があります。
それが「合成界面活性剤」です。
現在の化粧品は、有効成分といわれる物質を皮の深いところに届けるために、意図的に合成界面活性剤が配合されているのです。
合成界面活性剤によってレンガとモルタルの構造が崩れると、化粧品の有効成分だけでなく、有成分も簡単に侵入できるようになります。
そして皮膚の水分の蒸発が促進され、乾燥肌が進んでしまいます。
肌本来の力を考えれば、お肌に何かを入れ込むなど言語道断なのです。
肌を壊して有効成分を入れる、「何かが間違っている」と思わずにいられません。

クレンジング剤は食器用洗剤と同じ

「化粧落としに食器用洗剤を使ってみてください」
こう言われたらあなたはできますか? できませんよね? でも実はやっているのです。
クレンジング剤の主な成分は食器用洗剤と同じ合成界面活性剤です。
合成界面活性剤とは、一言でいうと「水と油を混ぜ合わせるためにつくられた物質」です。
食器についた油汚れは水だけでは落ちませんが、洗剤の合成界面活性剤の働きできれいに落とすことができます。
お顔につけた油性の化粧品をクレンジング剤で浮き上がらせたあとに水で洗い流せるのは、合成界面活性剤が配合されている証拠です。
「化粧品に入っているのは、食器洗剤よりもお肌にやさしい合成界面活性剤だろうから大丈夫では?」と思う方もいるかもしれませんが、それは間違いです。
確かに合成界面活性剤には、石油からつくられた洗浄力の強いものと、化学的に合成された洗浄力が比較的弱いものがあります。
しかし、すべての合成界面活性剤はタンパク質を溶かす作用を持っています。
洗浄力が弱くても、お肌にダメージを与えているのです。
合成界面活性剤は皮膚が持っているバリア機能を破り、皮膚の構造を壊してお肌の深いところまで浸透します。
皮膚の構造が壊されると、皮膚内の水分が蒸発してお肌が乾燥します。
合成界面活性剤は、一度皮膚につくと取れにくい性質を持っているため、洗い流しても残ってしまいます。
お肌の乾燥はどんどん進み、外界からの刺激を受けやすくなり、その結果、さまざまな物質に反応する、いわゆる敏感肌になってしまいます。
多くのクレンジング剤は「保湿成分配合♪」とコマーシャルされていますが、合成界面活性剤でお肌がボロボロになってしまうのをカバーするために、保湿成分を入れているのです。
余計なものを入れた結果失われた成分を、人工的に足しているたけなのです
また合成界面活性剤は皮膚を通して体内に吸収されると、肝障害、腎障害、がん、血液成分の減少、胎児の奇形を引き起こします。
排水後も分解されにくいので河川、海、湖が汚染され、魚や微生物など生態系への影響が問題になっています。
なぜ、こんなに恐ろしい合成界面活性剤がクレンジング剤に配合されているのでしょう?
「メイクがさっと落ちるクレンジング」
「簡単に洗い流せるのがいい」
「お風呂場で手が濡れていても使えるものが欲しい」
それは私たち消費者がクレンジング剤に便利さを求めた結果でもあります。