せっかくルフィーナを使い背中にニキビを対策していても、たばこやストレスで「むしろ悪くなってきた」となっては元も子もありません。
今回はその「たばこ」と「ストレス」がどのように体に悪いのか紹介していきます。
 

美肌の大敵であるタバコは極力避けよう!

タバコの主成分であるニコチンは、血管を収縮させ、血行を悪くします。
血流が悪くなると皮膚の新陳代謝が悪くなります。タバコ1本で25~100㎎ものビタミンCが破壊されるため、ビタミンC不足を招きます。

ビタミンCにはメラニン色素ができるのを防ぐ作用とコラーゲンの生成を助ける作用があります。
不足するとシミ・そばかすが多くなり、ハリが失われ、シワができやすくなります。
また、タバコを吸うと活性酸素が発生し、あらゆる皮膚トラブルの原因となり、細胞内のDNAを傷つけることでがん発生のリスクも高まります。
気をつけなくてはならないのは、自分が吸わなくても一緒にいる人が吸うことで、喫煙者が吸っている「主流煙」より有害な「副流煙」を受動的に吸ってしまうことです。
副流煙には主流煙よりもニコチンが2・8倍、タールが3・4倍、一酸化炭素が4・7倍も多く含まれています。
自分が吸わないからと安心しないで、タバコを吸っている人の近くに寄らないようにしましょう。
タバコの害について認識をしていない人は少ないですが、よくわかっていない人もいるので改めて記述しておきます。

ストレスとは上手につきあい美肌を目指そう!

ストレスは美肌の敵です。
私たちの体はストレスを感じると、ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンや男性ホルモンが多く分泌し、ストレスに対抗しようとします。
これらのホルモンは皮脂の分泌を過剰にさせ、毛穴のつまりやニキピの原因になります。
また、ストレスにより体内に大量の活性酸素が発生し、体の細胞が攻撃されお肌の老化も加速します。
現代社会に生きる私たちが、ストレスをまったく感じない生活をするのは難しいでしょう。
ですので、どのようにストレスを解消するかが大切です。ストレスを感じたら、ゆったりとお風呂に入るとか、好きな音楽を聴くとか、ご自分に合った解消法を実践しましょう。

美肌になるために我慢しなくてはいけないとともストレスになるかもしれません。好きな食べ物を制限したり、紫外線を避ける生活をしたりタバコをやめたり。
こういうと「こんなに我慢したら、ストレスでもっとニキビが出てくるよ」と、そう思う方は、我慢しないでください。
あなたにとって、ストレスのない範囲で、美肌になるための生活をするのがよいのですから。
本当にお肌の荒れに悩んでいる人は、肌荒れが解消するためならどんな努力もストレスとは感じません。
お肌の悩みがいちばんのストレスなので、そこから脱却するための努力は喜びと感じられることはあってもストレスとは感じないからです。
美肌になるための努力をしていても、結果がついてこないときは間違った努力をしています。正しい知識を持ち、適切な努力をすれば、体は必ず応えてくれるはずです。
目標があって、そこに向かって努力している様子を、他人は大変だろうなと思うかもしれませんが、本人は楽しくてやっているのでストレスを感じないということはよくあります。
同じことをしていても、本当はやりたくない、人にやらされていると思えば、ストレスだらけになってしまいます。
私は毎朝「幸せだな~」と言ってベッドから出ます。何か大変なことが起こっても、「ありがとうございます。人生の勉強になります」と前向きに考えます。
すべての出来事に対して前向きに、感謝の心を持って生活していれば、あまりストレスを感じない人間になれるのだと実感しています。

ですのでストレスをできるだけ感じない生活を送りながら背中ニキビにはルフィーナを使いしっかりケアしていきましょう!
そうすることで背中のニキビもきっと良くなっていくことでしょう♪